New Topics
子育て環境に優しい賃貸マンションとは

賃貸物件の敷金・礼金0円の落とし穴(トラブル)について

子育て環境に優しい賃貸マンションとは
敷金・礼金0円を売り文句にした賃貸物件が最近増えてきています。「敷金」とは、賃料などの債務の担保として預けておくお金(保証金)を意味しており、「礼金」とは、昔からある慣習のひとつで、部屋を貸してくれる大家さんへのお礼金を意味しています。その敷金・礼金が0円となると、確かに入居する時に初期費用がかからず、魅力的ではあるのですが、住んでからのトラブルや退去時のトラブルなど、リスクを考慮して借りる必要があります。

住んでからのトラブルについて2点挙げられます。1点目は、若年者が入居しやすいので、騒音の問題が発生しやすいことです。2点目は、風俗や水商売の寮や置屋的に使われたり、犯罪に使われる部屋として借りられる可能性があるということです。どちらも近隣のトラブルに巻き込まれる可能性があるため、注意が必要です。次に、退去時のトラブルですが、こちらも2点考えられます。1点目は、退去時に「敷金の代わり」としてクリーニング代がかかることです。敷金を払っている場合、敷金を使い、退去時のクリーニング代に当てられ、あまり汚したりしていなければ、余った分は返却してもらえますが、そもそも敷金を払っていないと、クリーニング代を実費として請求される場合があります。その際のクリーニング代については、入居前に相場を確認しておくことが大切で、事前に入居前からあった汚れや傷に付いては写真など証拠をとっておくことも重要です。2点目は、短期間で退去しようとすると違約金が発生する場合があるため、事前に確認しておく必要があるということです。退去時のトラブルについては、入居前にしっかり確認しておくことで未然に防ぐことが可能です。

Copyright (C)2017子育て環境に優しい賃貸マンションとは.All rights reserved.