New Topics
子育て環境に優しい賃貸マンションとは

賃貸や分譲マンションの長所と短所

子育て環境に優しい賃貸マンションとは
日本には大きく分けて分譲マンションと賃貸マンションがあるのです。分譲マンションは何千万年というローンを組んでマンションを購入するのです。ローンをすべて返済し終わるとそのマンションは自分の資産になるのです。こうしたマンションを賃貸にしてマンション経営をし不労所得を得ることもできるのです。しかし老朽化とともに、内装や水回りをメンテナンスしたりリフォームする必要がありそれにコストがかかってくるデメリットもあるのです。賃貸にしていても老朽化が目立つと経営がうまくたちゆかないこともあり、難しい側面もあるのです。

一方賃貸マンションは自分でローンを組む必要がなく、敷金や礼金をそろえ、毎月の家賃を支払えばだれでも気軽に住むことができるのです。そのため低所得者層でも気軽に住むことができ、心理的に気軽な住まいでもあるのです。また飽きたり、老朽化が目立つようになればすぐに退去して、自分の好きな賃貸マンションに住むこともできるのです。しかし何年と家賃を払っても一向に自分の資産にはならず、好き勝手に部屋の内装を変えることもできないのです。こうしたことが賃貸マンションのデメリットと言えるのです。どちらの住まいであってもメリットやデメリットがあるのです。

Copyright (C)2017子育て環境に優しい賃貸マンションとは.All rights reserved.