New Topics
子育て環境に優しい賃貸マンションとは

賃貸物件契約中の家賃交渉

子育て環境に優しい賃貸マンションとは
賃貸物件に住んでいて、これからも住み続けていこうと考える方向けに、毎月の家賃を値段交渉する際のコツについて説明いたします。基本姿勢としては、これからもその物件に住み続けていきたいという意思を伝えつつ、その物件に住む上での難点をうまく小出しにしながら交渉することが肝になります。ただ難点ばかりを責めていては大家さんとしての心象も悪くなり、最悪の場合は契約更新時にトラブルになる可能性もありますので注意しましょう。

まず、値段交渉のタイミングですが、賃貸借契約に契約年が設定している場合は、契約更新時が最も好ましいでしょう。住み始めて2年が一般的な更新のタイミングですので、節目に一度交渉することがお互いにとって良い機会となります。次にその物件についての難点に関して、普段生活をしている中で感じる不満点を愚痴混じりではなく、穏便に伝えることが重要です。具体例としては、共用部分の清掃ができていない、設備の不具合が増えてきている、近隣の騒音がうるさいなど、住んでいる物件のちょっとした不満を相談するようなスタンスで言ってみることが効果的です。

空き住戸が増えてきた場合はその状況を伝えると、家賃交渉に効果がありますのでその旨を伝えましょう。また、近くの不動産会社で、住んでいる物件の家賃を調べたり、他の号室に引越してきた方の家賃が分かればその情報はかなり有効ですので、自分が支払っている家賃より安ければ、是非活用しましょう。

Copyright (C)2017子育て環境に優しい賃貸マンションとは.All rights reserved.