New Topics
子育て環境に優しい賃貸マンションとは

子育て環境に優しい賃貸マンションとは

子育て環境に優しい賃貸マンションとは
賃貸契約をする時には、初期費用としてまとまったお金が必要になります。初期費用の代表が敷金です。敷金の額は地域や物件によっていろいろですが、賃料の1か月から3か月程度とされているのが一般的です。敷金というのは、契約をする時に借りる人が家主に預けておくお金です。何のために敷金を預けるかというと、万が一家賃を滞納してしまった場合とその物件から退去する時に室内の修繕費用に充てるためです。つまり、家主からすると家賃をきちんと支払ってもらえなかったり、退去の時に借り手の過失により大がかりな修繕をしなくてはならないリスクの担保にあたるのが敷金です。その性質上、地域によっては保証金と呼ばれていることもあります。

賃貸物件から退去する時には、明け渡しの前に家主や不動産会社の担当者が立ち会って物件の確認が行われます。この立会い確認は、借り手の負担で修繕する箇所を決定して後日敷金の精算をするために行うものです。また地方によっては、最初に賃貸契約をする時から敷金のうち差し引いて返金する金額を決めていることもあります。例えば初期費用の敷金が3か月で、退去の時には2か月分を差し引いて1か月分だけを返金するという取り決めです。この方法を敷引きと言います。

Copyright (C)2016子育て環境に優しい賃貸マンションとは.All rights reserved.